TEL:050-5243-4662

Business官公署に提出する
書類の作成

車庫証明

車庫証明書とは

(正式名称)自動車保管場所証明書が必要になるケースは
・新車を購入したとき
・中古車を購入又は譲り受けたとき
・引っ越し等で住所等(使用の本拠の位置)を変更したとき
自動車登録(ナンバープレートを交付)の手続きをする時に運輸支局に提出する必要があります。

どこでもらえるの?

車庫証明書は「使用の本拠の位置」を管轄する警察署から交付されます。

誰でも交付されるの?

以下の要件を満たせば交付されます。
・自動車の使用の本拠の位置から2キロメートル以内(直線距離)の場所であること。
・道路から支障なく出入りができ、かつ、自動車の全体を収容できるものであること。
・自動車の保有者が、自動車の保管場所として使用する権原を有するものであること。

提出書類

一番多い「自宅の駐車場を保管場所」とするケースに必要な書類は

・申請書(4枚綴りになってることが多いです)

(画像クリックで拡大)

・自認書

(画像クリックで拡大)

・保管場所の所在図と配置図(所在図は広域、配置図は駐車場周辺を記入します)

(画像クリックで拡大)

この3通と「使用の本拠の位置が確認できる書類(住民票や公共料金の領収書など)」を警察署の担当窓口に提出し、手数料を納めればOKです!

どれぐらい日にちかかるの?

申請してから土日を除き約4日ほどで車庫証明書を交付してもらえます。
書類に不備があったり、添付すべき書類が足りなかったりするともう少し時間がかかります。
地域によっても多少前後するそうです。

軽自動車も車庫証明っているの?

普通車と違い軽自動車は車庫証明の申請が必要な地域と必要でない地域に分かれています。
軽自動車を所有する際は、あらかじめ調べておく必要があります。
都市部では車庫証明が必要になるケースが多いです。

申請手続きは普通車の手続きとほとんど変わりません。
大きな違いは
・普通車はナンバープレート取得前
・軽自動車はナンバープレート取得
軽自動車の車庫証明は「ナンバープレート取得15日以内に」届出をしないといけません。

うっかり忘れることのないように注意してください。

手続きは自分で出来るの?

出来ます。
ただ、書き慣れていない書類なので思いがけず作成に時間がかかります。
警察署は土日も開いていますが、車庫証明の窓口は平日のみですので提出と受領の2日とも平日窓口に行ける方に限定されます。

代わりにやってくれるの?

はい。行政書士は官公署へ提出する書類を代行出来る唯一の専門家です。
平日お仕事などで忙しい方などの代わりに書類の作成、提出、受領まで一括でさせて頂きます!

お悩みの方は、下記のお問合わせページから一度ご連絡下さい!

お問い合わせはこちら

自動車登録手続き

新規登録

ナンバープレートがついていない自動車を新たに登録します。
・新車を購入した場合
・抹消した車を再び使用(中古車として新規使用も含む)する場合など

変更登録

氏名・住所・使用の本拠の位置などを変更したとき登録します。
申請先は、これらの事由が発生し変更後の「使用の本拠の位置」を管轄する運輸支局です。

移転登録

自動車を売買等により譲渡、譲受し所有者を変更する際に登録します。
申請先は、変更後の「使用の本拠の位置」を管轄する運輸支局です。
※ローンの担保として所有者欄が信販会社などになっている場合で、完済後所有者欄を変更する際はこちらの移転登録で行います。

抹消登録

自動車の使用を止めたとき、解体又は輸出するときに登録します。
・自動車の使用を一時中止する場合
・自動車を解体し再度使用しない場合
・自動車を輸出する場合
申請先は、現在の「使用の本拠の位置」を管轄する運輸支局です。

番号変更

ナンバープレートを紛失・盗難・毀損したときに登録します。

障がい者の方に対する自動車税・自動車取得税の減免手続き

移転登録を伴うケースもありますので手続きサポートいたします。
お気軽に下記のお問合わせボタンよりご相談下さい!

※いずれの登録の場合でも、
「使用の本拠の位置」が変更になる場合は、変更後の「使用の本拠の位置」を管轄する警察署で車庫証明書を交付してもらう必要があります。
車庫証明の申請方法について詳しくは車庫証明の項目をご覧下さい。

車庫証明

お問い合わせはこちら

医療法人設立

都道府県知事所管

医療法人が病院、診療所及び介護老人保健施設を1都道府県の区域内においてのみ開設している場合の申請先は、その区域の都道府県知事になります。
※大阪市など知事から所管官庁が変更になっている自治体もあります。

厚生労働大臣所管

医療法人が複数の都道府県の区域にまたがって病院、診療所及び介護老人保険施設を開設している場合の申請先は、厚生労働大臣になります。
具体的には

・都道府県知事所管の医療法人が他の都道府県に病院、診療所、介護老人保健施設を開設するために、定款(寄附行為)を変更し認可された場合

・医療法人を設立しようとする際に、開設する病院、診療所、介護老人保健施設が2つ以上の都道府県にまたがっている場合で、設立認可された場合

・医療法人が合併し、その開設する病院、診療所、介護老人保健施設が2つ以上の都道府県のまたがっている場合で、合併認可された場合

設立認可のチャンスは年2回

医療法人設立の認可は医療審議会などの審議を経る必要があります。
しかし、医療審議会が開催されるのは年に2回程度で、県によっては年1回しか開かれないケースもあります。

それだけに1度の申請で認可が下りない場合、診療所などの運営に大きな支障をきたすことになります。

膨大な提出書類の作成と都道府県窓口との打合せなど専門家である行政書士が設立までサポートいたします!

医療法人の設立をお考えの方
お問い合わせページよりお気軽にご相談下さい!

お問い合わせはこちら

許認可申請

許認可申請とは

法人、個人事業を問わず、一定の営業を行なおうとする場合、営業許可、認可、届出等が必要な業種があります。
許認可申請には、厳しい要件があったり、数十枚の書類を揃える必要があったり……と
専門的な知識と大変な時間と手間がかかります。

例えば、飲食店を行うためには保健所から衛生面などを消防署では火の元管理などをチェックされます。必要な許可がないまま営業を始めることは出来ません。

最近は、規制緩和などで許認可申請や届出が簡素化されたとはいえ、まだまだ専門的な知識と時間と労力が必要となるものがほとんどです。

お客様の御希望を教えていただければ建設業許可、医療法人設立など許可取得から事業開始まで全力でサポートさせていただきます。

まずは一度お気軽にご相談ください!
受け付けは下記のお問い合わせページから承っております。

お問い合わせはこちら